So-net無料ブログ作成
検索選択

「日本人に一番合った英語学習法」は、古いけど新しい文法と読解 [読書(ノウハウ)]

「日本人に一番合った英語学習法」(斎藤兆史著、祥伝社)を読みました。

これは、よく売られている

 どうしたら英語が出来るようになるか

がかかれているのですが、同時に

 手軽に英語を習得なんて、できるわけがない。

ことを手厳しく書いている、耳の痛い書です。


英語を生業としている翻訳家や塾の先生が書いている英語学習法本が多いのですが、
学者さんが書いておられるので、社会の将来を考えておられたり、、、、

キビシー

で、私なりに、英語で悩んでいる私自身に話しかける調子で書き直すと、
こうなります。
----------------------------------
英語というのは、時間をかけないと身につかないものなのです。
だって、日本人は、西洋人のようなカチッとした進め方になれていないから。
英語はカチッとした言葉で、日本語は日本人にあっていて、言外の意味を汲み取る言葉なんです。

特に、英語で政治や文化を語るようになるには、基礎からしっかりやらないと。

基礎ってなにかって?それも日本人にあっているやり方とは?
日本人は「型」を大切にするのです。
そして基礎とは、昔学校でよくやっていた、読解と文法なんです。
これをたくさんやって、さらに声を出して読んだりすること、ですよ。

今までどうも英語が伸びないと思ったでしょう。
そりゃそうです。言葉だし、こんなに日本語と違うんだから。

これまで、おつかれさま。

適当に実践だけで話していると、話せるような気がしますが、実はヘンな言葉を話しているんですよ。
日本語のヘンな外人いるでしょう、あれと同じように話しているんです。
一例が、商用に通じればいいという「ピジン英語」です。

でね、おすすめなのが、まずは基礎をやっておいて、英語以外の専門に磨きをかけることです。
その専門が日本以外に通用するようだったら、そこから必要な分英語を追加で覚えたらいいじゃないですか。

そのときには、きっと基礎が生きてきますよ。
今のうち、たとえば外人に英語で道を聞かれたら、どうどうと日本語で教えればいいのです。
ここは日本なんですし、助けてあげるほうなんだから。
----------------------------------
くわえて言わせていただくと、英語は楽しい部分があります。
他の国の文化がより見えてくるということです。
この楽しみを忘れずに、少しずつ取り組めば、あきないかも、と私は思っています。
悲壮感をもたずに、勉強するようにしよう。
それから、やっぱりもっと専門(営業)に磨きをかけよう!

文庫版も発売されているようですので、ご紹介しておきます。

日本人に一番合った英語学習法―明治の人は、なぜあれほどできたのか

日本人に一番合った英語学習法―明治の人は、なぜあれほどできたのか

  • 作者: 斎藤 兆史
  • 出版社/メーカー: 祥伝社
  • 発売日: 2006/03
  • メディア: 文庫


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 1

コメント 2

Hirosuke

はじめまして。英文テクニカルライター Hirosuke と申します。
この本は知りませんでした。記事を読む限りですが、非常に僕の経験や考え方と合っています。お手軽教材が蔓延る中、このような真実を語る本があったなんて。
僕の方でも紹介させて頂きたいと思います。情報ありがとうございました。
あ、僕のブログも覗いてみてください。主テーマは「タダ英語サイトの紹介」です!
by Hirosuke (2007-01-14 22:38) 

研航

 はじめまして、Hirosukeさん、研航と申します。
 コメントをありがとうございました。土日にしかアクセスできず、返信が遅くなり申し訳ありません。
 Hirosukeさんのブログも拝見して、いただいたコメントとあわせて考えると、こういう真剣な学習観の上に、英語の楽しみがあるのだろうなと思います。私はそこまでたどり着けるかどうかわかりませんが、Hirosukeさんのような心境になれるのを楽しみに英語に接していきます。
by 研航 (2007-01-21 13:48) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。