So-net無料ブログ作成
検索選択

運・不運の法則~運を招くタイミング、のがすタイミング~ [読書(ノウハウ)]

今回は、前回に続いて、ワイズマンの法則に関するトピックスを「気の流れ」で説明、です。

法則②は「虫の知らせを聞き逃さない」

この②は、

直感や本能に素直に反応するということです。


この具体例として、


「気」の流れで決まる「運・不運」の法則~金運・仕事運・異性運・健康運!「運のいい人、悪い人」の違い~

「気」の流れで決まる「運・不運」の法則~金運・仕事運・異性運・健康運!「運のいい人、悪い人」の違い~

  • 作者: 早島 妙瑞
  • 出版社/メーカー: 廣済堂出版
  • 発売日: 2010/04/24
  • メディア: 単行本




から、下記のトピックがあたると思われます。



『運を招くタイミング、のがすタイミング』
晴れの日があれば、雨の日もあります。「天の気」つまり「天気」にも表情の違いや、変化があるように、人間の持つ気も常に変化しています。
 朝起きて、体がだるくて眠気が取れないような日と、すっきりと目覚めて「よし、今日一日がんばるぞ!」と思える日があるでしょう。
 これは、体の中の気の量の増減によるもので、気が満ちていれば、腹の底から元気ややる気がわいて、「何となくツイてる感じ」を体感できます。
 そんな日は、難しい仕事に挑戦する日だと思ってください。なぜなら気が体中にみなぎっているときは、いつもの自分より数段大きな力を発揮できるからです。


朝気分のいい、というのを、もう少し信じて、かつ、活用していいわけですね。

その体験談の紹介が続きます。

 
保険のセールスをしているA子さんはその朝、化粧をしながら、「あれ、なんだか 今日はいつもより顔が明るく見えるな」と思いました。口紅の色を変えたわけでもな いのに、なぜかそう感じるのです。A子さんは意識していませんでしたが、その日は 彼女の気が充実した日だったのですね。
 出社したA子さんの顔を見て、上司も「おや、いい顔してるね。なにかいいことあ ったの?」と声をかけてきました。
 

顔色がよく見えるとか、そういうのを「気が充実している」と読み替えればいいわけですか。
私も、たまに、ある、気がする。

自分でも「そうかな」と思っていたことを他人からも言われたA子さんは、気持ち がウキウキして、「今日は吉田さんのところに行って、もう一度保険の見直しについ てお願いしてみようかな」と考えたのです。吉田さんは何度足を運んでもこちらの提 案に耳を貨してくださらないお客様で、なかばあきらめかけていた相手でした。
 そして結果は……ラッキーでした。
 それまでは「そんなもん、いらん」の一点張りだった吉田さんが、「そんなに言う のなら、資料を見ておく。わからないことがあったら、すぐに電話するから、説明に 来い」と言ってくれたのです。即時契約というわけにはいきませんでしたが、驚くほ ど大きな前進でした。
 

そのまんまな、単純な感じもする、A子さんですが、それがよかったみたい。
この日の「いい感じ」が声とか表情に出た、ということでしょうか。

これはA子さんが漠然と感じたツキを信じて、一歩踏みだしたからこそ、つかめた 成果です。
 もし彼女が「今日はいい感じの日だから、吉川さんのところへ行って落ちこむよう なことを言われたらもったいない」と考え、行動を起こさなかったら、のがしてしま った運だったでしょう。
 ツキを素直に受け入れる柔軟な心が、さらにツキを呼び寄せたわけです


暗く考えない、明るく考えられる状態も、「気の流れがいい」ということなのでしょう。
たしかに、「どうせ私なんか」とか、「信じたら裏切られる」とか、ちょっと影のある考えは、幸せに結びつかなそうです。


気の充実…

それに気付く目…

それを受け入れる心…

これらをそろえておければ、「虫の知らせを聞き逃さない」ことができるわけですか。

心がけ、と一言で言っても、なかなか深いですね~

次回は、④とそれにあたる具体例を、とりあげます!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。