So-net無料ブログ作成
検索選択

不幸を幸運に変える~愚痴が金運を遠ざけている [読書(ノウハウ)]

勝間和代氏が紹介する、ワイズマンの運・不運の法則から

法則④は「不幸を幸運に変える」。

運がいいと思っている人にも、いくらでも不幸は生じますが、災い転じて福となすこともあった、と気持ちの切り替えが、大変、早くできるのです。



「気」の流れで決まる「運・不運」の法則~金運・仕事運・異性運・健康運!「運のいい人、悪い人」の違い~

「気」の流れで決まる「運・不運」の法則~金運・仕事運・異性運・健康運!「運のいい人、悪い人」の違い~

  • 作者: 早島 妙瑞
  • 出版社/メーカー: 廣済堂出版
  • 発売日: 2010/04/24
  • メディア: 単行本



では、こんなトピックスを紹介しています。

『愚痴が金運を遠ざけている』



 「ため息を一つつくたびに幸せが逃げていく」
 こんな話を聞いたことはありませんか。ため息をつく姿はあまり良い印象を周囲に 与えないので、それを戒めるために生まれた言葉のように思うのでしょう。しかし、 そうではありません。ため息をつくたびに体の中の気の流れが悪くなり、良い運が近 寄ってこなくなってしまうからです。


うんうん、あれは、あの音は、漏れてる感じ、します。たしかに。

 「ため息」と同様に「愚痴」も気の流れにダメージを与える、良くないものです。し かも、両者ともあまり自覚がないので始末が悪いのです。


愚痴、グチも気の流れにダメージ[どんっ(衝撃)]

そうか、自覚がない、というのは、的確な指摘ですね。

 「あれ、また、ため息をついてたかしら」「あ~、また愚痴っちゃったよ」
 と自分で感じた人は要注意です。自覚している以上にため息や愚痴をこぼしている はずです。


人間、自分のやっていることは、よくわからないもんだしなぁ。

 自然食品の会社を営むある女性社長も、「最近、愚痴を言う回数が多くなった」と 感じていた一人です。
 社長が愚痴をこぼす理由の一つは、右腕として働いてくれていた女性が、母親の介 護のために退職してしまったことです。彼女はいちいち指示を出さなくても適切な判 断で業務を進めたり、部下たちに仕事を割り振ってくれていたので、社長は自身の仕 事だけに集中することができていたのです。しかし、彼女がいなくなったことによっ て小さな用事が山のように増えたうえ、従業員の士気も下がってしまいました。


ついてないこと、うまくいかなくなることは、ある日突然やってきます。

 そんなこともあって、家族といても友だちといても、
 「もう、本当にいやになっちゃう。従業員は私の言うことを聞いてくれないし、ここ のところ売れ残りや返品も増えているし。最悪よ」
 と、愚痴をこぼしてばかりいました。


愚痴の一つもこぼしたくなる、という言葉がありますが、まさにそんな感じでしょうか。

 こうするうちに会社の売り上げが落ちこんでいったのです。そんなおり、たまたま 会った知人が心配してくれました。知人は社長の浮かない顔を見て、
 「どうしたんですか。いつもの社長らしくないじゃないですか」
 「だって、売り上げは落ちるし、従楽員のやる気はゼロだし……。私は一人でこんな にがんばっているのに、みんなはちっともわかってくれないのよ」
 と、いつもどおり愚痴をこぼしたのです。


このコメント、もう、日本中のビジネスマンがいいたくなるような言葉ですね[バッド(下向き矢印)]

 すると、
「悩みを一人で抱えてちゃダメですよ。みんなに話して協カしてもらってください。 従業員たちも、やる気がないんじゃなくて、何をしていいのかわからないだけなんで すよ
 と言ったのです。


この、後半の「従業員も…」というところ、めちゃめちゃ身にしみました。
マネージャー以上の人だったら、心に刻んでおきたい一言です。

 そのアドバイスに従い、従業員に自分の抱えている悩みを、すべて打ち明けてみま した。


実行早いですね~さすが社長[ダッシュ(走り出すさま)]


 するとどうでしょう。翌日から従業員の態度が急に変わり、仕事をする姿に「みん なで会社を立て直すぞ!・」という気迫が感じられるようになったのです。社長の愚痴 も減り、会社に再び活気が戻ってきました。


愚痴は、話しかけになっていない、呟いていたら誰か助けてくれるかもしれないという、甘えもあるかもしれません。

 社長の気の流れが悪ければ従業員は指示に従わなくなりますし、当然やる気も起き ません。さらに、こんな状況では職場の気もよどむため、会社を訪れた客にも「いや な雰囲気」が伝わってしまいます。
 愚痴をいくら言ったところで問題は解決しません。こんなときこそ、気持ちを切り 替えることが大切です。


どうせ言ってもわからない、なんて思わずに、わかるように努力したんでしょうね。
「何をしていいのかわからないだけ」という言葉で、はっとしたんじゃないでしょうか。
そして、従業員をせめずに、話をしたと思います。

だからこそ、従業員側の受け入れも素直で、こんなにうまく、解決に進んだのではないでしょうか。

月曜からの会社生活に生かせる話題、でした~

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。